【2021年最新インプレ】アルトラ・スペリオール4.5 つま先快適!

登山栄養学

こんにちは、山岳栄養士(管理栄養士)の陸です

山岳栄養士のInstagram

 

アルトラ・スペリオール4.5に靴を買い替えたのでインプレを行います!
これを履いてトレラン3回、登山1回してきました。

 

  • 靴がボロボロになってきた
  • なんだか靴が足に合わない
  • 下りの時につま先が痛い
  • アルトラの靴が気になっている

など、トレランシューズ、登山靴の買い替えを検討している人の参考になれば幸いです ^^

結論から言うと『つま先が快適&フォアフット、ミッドフット走法がしやすい』です!

ちなみに、スペリオール4.5は現行モデルの1つ前のモデルです。
デザイが良かったので、型落ちを選びました。

 

アルトラってどんなコンセプト?

元アメリカ代表の長距離ランナーでラニングショップのマネージャである「ゴールデン・ハーパー」と「ブライアン・ベックステッド」が創業しました。

『自然な状態』で『ヒールストライクを軽減できる』シューズ作りを目指し『ゼロドロップシューズ』を生み出しました。

ヒールストライクとは?
→かかとからの着地、かかと着地走法。

ゼロドロップとは?
→地面からつま先の高さと、地面からかかとの高さを同じにしている設計。

ビデオ解析等でも ALTRAのバランスクッションシューズは「ヒールストライク」を減少し、着地面積を広げるため、自然で正しい姿勢とアラインメントを保ち、関節、腱にかける衝撃を劇的に減らす効果がある事が証明されています。とのことです。

バランスクッション
単純にシューズのヒール部分とつま先部分の地面からの距離が同じであるという事です。ほとんどの靴はこの「地面からの距離」がヒール2:つま先1の比率を採用しています。一般的にヒール部分とつま先部分の比率が1:1のシューズがバランスクッション・シューズと呼ばれています。ビデオ解析等でも ALTRAのバランスクッションシューズは...

 

さらに、つま先を広くした『フットシェイプデザイン』を採用しています。

フットシェイプデザインhttps://altrafootwear.jp/blogs/basics/foot-shape-design

つま先が見るからに広く設計されています。

 

スペリオール4.5のメリット

僕が感じたメリットをお伝えします。

メリット①:つま先が広いので、幅広の足の人でもそれなりに快適。

特に下りでの快適さは以前使っていた靴よりも格段に上がりました。

ここで注意点ですが、アルトラは『つま先が広い人向け』に作っているわけではありません。
あくまで、つま先の自然な状態を保つためにこの設計にしています。

しかし、我々つま先幅広民族にとっては、この設計は救世主になります。
つま先の体積を広げるためには、靴のサイズを大きくしなければなりません。
(もしくは、数少ない幅広設計モデルを探す。)

靴のサイズを縦に大きくすると、どうしても自分の足とサイズ差が大きくなり、着地や蹴り出しなどの感覚がずれてしまいます。

それがどうなるかと言うと、枝や木の根っこでつまづきやすくなり転倒・怪我のリスクが上がります。

足のつま先と、靴のつま先に空間ができすぎ感覚が狂い、斜面で力を加えた時に靴のつま先付近が曲がりすぎて、グリップできず滑るということにも成りかねません。

ゆえに、自分の足のサイズに近い靴を選べることで、快適性を手に入れつつ、感覚の狂いを最小限にすることが出来ます。

 

メリット②:靴底が薄い&ゼロドロップで足運びがしやすい

スペリオールはアルトラのトレランシューズの中でもかなり靴底が薄いほうです。
薄さとゼロドロップのおかげで、歩くきやすく、走る時もフォアフットやミッドフットをしやすいように感じました。

一般的な靴はつま先とかかとの高さが1:2に設計され『走り出しやすいデザイン』とされていますが、アルトラと履き比べると『走り出しやすくはないよね?』と感じました。

ベアフットという裸足で走る、もしくは裸足感覚で走るというのが一時期流行りました。
このベアフッド感覚を大切にしたい人にはスペリオールはかなりオススメです ^^

メリット③:軽い

説明不要かと思いますが、軽さは速さに繋がります。
その代わりクッションが薄いので、厚底でシューズに衝撃吸収をさせたいとか、超ロング思考の人にはあまり向かないかもしれません。

 

スペリオール4.5のデメリット

お次はデメリットをお伝えします。

デメリット①:靴底の凸凹が低く、そして少ないので滑りやすい。

正直これは致命的です。

土踏まずの所には凸がほぼありませんし、かかとはご覧の通り、周りと真ん中に凸が3つある程度です。

これはおそらく、メインはつま先と小指側からの着地を想定しているのでしょう。

砂と砂利が混ざった路面での滑りやすさや湿った石の上での滑りやすさは天下一品です。
そこ以外は普通にグリップしてくれるので、ある程度経験のある人ならそこまで問題にはならないと思います。

 

デメリット②:靴底の凸が少なく低いので、すぐに消耗しそうという不安

まだ一ヶ月ほどしか履いていないので、正直わかりませんが、おそらく買うとそう感じると思います(笑)

 

そもそもスペリオールってどんな靴?(サイト引用)

『トレイルをスピーディーに駆け抜ける』

Superior4.5は軽量かつグリップ力の高い粘着性ラバーアウトソールであるMaxTrac™、軽量で反応の良いQuantic™ミッドソールを搭載。

新しいアッパーは硬めの作りになった事でブレを抑えホールド感が増すと共に耐久性も向上しました。更に通気性と排水性に関しても改良されどんなトレイルでも信頼できる一足となりました。
勿論、これまで同様、取り外し可能なStoneGuard™を搭載しているため、より足裏感覚が欲しい時は外し、突き上げから足を守りたい時は装着して様々なトレイルを楽しんでいただけます。

 

SUPERIOR 4.5(スペリオール4.5)メンズ
トレイルをスピーディに駆け抜ける Superior4.5は軽量かつグリップ力の高い粘着性ラバーアウトソールであるMaxTrac™、軽量で反応の良いQuantic™ミッドソールを搭載。新しいアッパーは硬めの作りになった事でブレを抑えホールド感が増すと共に耐久性も向上しました。更に通気性と排水性に関しても改良されどんなトレ...

 

 

買いか?否か?

まだ一ヶ月ほどなのでまだまだ分かりませんが、次はアルトラの『キングMT』か『ローンピーク』を検討すると思います。

人間は気が変わる生き物なので「やっぱりスペリオールがいい!」と言うかもしれませんね。

どんな人にオススメ?

靴の機能に頼り切りたくない人。
これが一番のポイントだと感じています。

靴底が厚いと、クッションに頼りすぎてしまいます。
そうなると、体が持つ本来のクッション機能・衝撃吸収機能を上手く使うことができません。
それが故障の原因になるとも言われています。

しかし、スペリオールは靴底が薄く、凹凸も少ないので特に下りでは丁寧に走らないと、衝撃がもろに体に届いたり、滑ったりしてしまいます。

なので、自分の体が持つ本来の機能を意識したい人にオススメです ^^

って書いていると、次回もスペリオールもありだなと感じてきました。
もう気が変わってきました(笑)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

スペリオールは軽くで靴底が薄いので、足の感覚を大切にしながら走ることが出来ます。

違う刺激で走りたい、同じような靴に飽きてきた、などなどそんな人は一度試してみるのもありかもしれません。

それでは、ヘルシーなマウンテンライフを ^^

 

ヤマップやってます!

陸(山岳栄養士)のページ | YAMAP / ヤマップ
陸(山岳栄養士) | 目標: 相方ちゃんと『ダイヤモンドトレイル縦走』
タイトルとURLをコピーしました